男性必見!髪の毛が薄くなる病気の話

薄毛の男性

薄毛と言えば、女性よりも男性の薄毛が多いですよね。

成人を過ぎたあたりから徐々にゆっくりと後退していく髪、若いうちから薄毛に悩む方も少なくはありません。

年配になってからならわかりますが、若い年代の薄毛は大問題です。人からの視線が気になったり、悩みも尽きないものですね。

これは、男性型脱毛症(AGA:エージーエー)といって男性ホルモンに起因する病気です。

男性特有の生え際や頭頂部から抜け毛が始まる、いわゆる「M字」「U字」「O字」といわれるはげ方でAGAは進行します。

原因は、遺伝や後天的要素(毎日の生活習慣やストレス等)とも言われています。
以前はAGAになってしまったら「あきらめる」しか方法がなかったため、高価なカツラを使用している方も多かったようですね。

髪の毛が抜けるのが病気!?って思ってしまいますが、確かに現代では病気として認知されています。

日本でも育毛成分(ミノキシシジル)や、プロペシア、フィンペシア、エフペシアなどのAGA治療薬も一般的になりました。
そして、それらを用いて治療する医療機関も増えてきました。

薄毛の原因は様々ではあります。また改善方法も多くの種類があるのです。それでは順に説明します。

AGAのしくみ

髪が薄くなっていく状態のことをさします。進行型で生え際や頭頂部の髪が薄くなっていきます。原因は様々なことが考えられます。
進行にも個人差はありますが、放置していて改善されることはなく、できるだけ早急な対応をしていくことも大切です。

→AGAのしくみについては、こちらで詳しく説明しています

薄毛の種類

髪のハゲ方には様々な種類があります。

AGAの原因は主に男性ホルモンによるものですが、ハゲ方の種類によっては原因も細かく分けると異なることもあります。
それゆえにケア方法も違うのです。

→薄毛の種類については、こちらで詳しく説明しています

ミノキシジルの効果

発毛効果が期待されるとして注目のミノキシジル。
毛包を大きくさせて、毛の成長を長く、休止期間も短くすることを働きかけてくれるので、効果は期待できそうです。

ただ、たしかにミノキシジルは毛母細胞を活性化させ毛包全体の成長をサポートし、発毛を促しますが、男性ホルモンであるDHTは真逆の働きをします。

そのためDHTが強すぎるとミノキシジルの効果を実感できることはあまり期待できません。
DHTを抑えることのできるプロペシアなどと併用していくことにより相乗効果が期待できるわけですね。

→ミノキシジルについては、こちらで詳しく説明しています

飲む毛生え薬

AGAの原因になるものをどれだけ多く廃除できるかによって薄毛の解消に近ずくカギとなるわけです。
そのためにもDHTを抑制させる飲み薬は有効的といえます。

飲み薬の中でもプロペシア、フィンペシア、エフペシアなど様々な種類があります。
薄毛の解消のためにもこれらを納得いく形で利用し、悩みが解消できたらいいですね。

ちなみに、育毛外来として診療している医療機関もありますが、保険は適用されませんので、全額自己負担になります。
よく調べてから受診した方が良さそうです。

→飲む毛生え薬については、こちらで詳しく説明しています

参考サイト

男性の薄毛、いわゆる「はげ」について色々な原因や対策法が書かれたサイトを紹介します。

はげに真剣に悩む人のためのサイトの画像

サイト名:はげ(禿げ)に真剣に悩む人のためのサイト ~悩み解消のお手伝いと、対策法紹介

はげのタイプ別に対策方法を教えてくれたり、実際に禿げている人の体験談やアンケートもたくさん掲載されています。

男性の薄毛、いわゆる「はげ」について色々な原因や対策法が書かれたサイトを紹介します。

ネバーまとめのハゲ一覧

サイト名:「ハゲ」の人気まとめ一覧 - NAVER まとめ

ハゲに関係する情報が一覧で掲載されていますので、とても便利です。

ハゲをなんとかしたいけどどうしたらいいか分からない人は、まず気になる記事を見つけて情報を収集してみるといいかもしれません。

ネバーまとめのハゲ一覧

サイト名:スカルプDは効果なし!?はげていた宮迫博之の髪の毛が生えた本当の理由を調査

人気お笑い芸人の宮迫さんが、スカルプDを使用して髪が生えたのは皆さんご存じですよね。

今ではハゲに悩んでたとは思えないほどしっかりと髪が生えそろっています。

でも・・クリニックの薄毛治療で生えたという驚愕の事実が記載されています。

読み物として単純に面白く、薄毛の情報もちゃんと書いてあるサイトなので、いろいろ参考になると思います。

最後に

どんな病気でも同じことが言えますが、AGAにななりたくてなっている人なんて一人たりともいませんよね。

他人事の人は気楽なもんです。いざ自分がなってはじめてコトの重大さに気がついて焦り出すのが普通です。

そう考えると、病気と同じで、一番大切なのは予防なのかもしれません。

AGAの兆しが少しでも見えたときに、すぐに対策するかどうかで将来ハゲになるかどうかが決まる訳ですからね。

男性に生まれたからにはAGAになる可能性がありますので、油断しないように気をつけましょう。

ページのトップへ戻る